[作成中]中学受験】図形の平行移動【重なる時間・面積・グラフなど

中学受験生の方へ

この記事では、東大卒講師歴20年超の図解講師「そうちゃ」が図形の平行移動の基礎から応用まで分かりやすく説明します

記事を読んで例題が解ければ、平行移動の問題は得意になっているでしょう

平行移動とは

平行移動と回転移動

図形(線、面)の移動には大きく分けて➀平行移動と②回転移動 があります

図形(線、面)の移動
➀平行移動
向きを変えずに移動
➁回転移動
←回転の
中心

ある点(回転の中心◉)を
中心に向きを変える

この記事で扱う平行移動は向きを変えない移動方法で、もう一方の回転移動は向きを変える移動です。

平行移動の考え方

例えば直線XY上を直角三角形ABCが右に毎秒2cmの速さで平行移動するとします

 

コツは「動きを考えるときは、まず一部分だけに注目する」

 

右端のCに注目します

タイトルとURLをコピーしました