作成中]どの塾がおすすめ?塾の特徴とえらび方【中学受験

「中学受験をしたいけれど、どの塾にしようか?」「集団塾じゃなくて個別塾や家庭教師はどうなの?」とお悩みのご家庭へ、、東大卒図解講師「そうちゃ」が20年の経験からアドバイスします。参考になれば幸いです。

結論を言ってしまうと…

結論から言うと、実際に入ってみて「まあまあ満足できた」塾があなたにオススメの塾です(何だそれ…)

服は着てみないと分からない

確かに塾のブランドによる特徴はあります。しかし実際には校舎・学年ごとの差が大きいのです。

例えば、同じブランドの塾でも校舎の責任者次第で対応が180度変わることがあります。もっとも、この点については事前見学で分かるかもしれません。

ただそれだけでなく、同じ校舎の中でも学年でクラスの編成や雰囲気が180度変わることが多いです。こればかりは見学に行っても分からないことがあります。社員が正確に伝えなかったり、後に激変することがあるからです。

こういうわけで、塾選びは実際に通塾してみないとアタリハズレを判断できないのです。

しばらく通ってみて「この塾イヤだ」とお子さんが言わなければ、とりあえずアタリと思っておきましょう。

合わなかったら変えればいい

小3小4なら、しばらく通ってみて「イヤ」な場合、他の塾に転塾しても平気でしょう。

ただ、カリキュラムなどの関係で転塾が難しかったり・準備が必要な場合がありますので、ダメだった場合を想定して入塾候補・転塾パターンをいくつか想定しておくとベストです。

ここまでで塾選びも、他の習い事や買い物と同様に「入って(買って)みないと分からない」「合わなかったら変えれば(返品すれば)いい」のが分かっていただいたと思います。

最初の塾のえらび方

➀実際に通ってみる
➁合わなければ変える

その上で、塾の特徴を見ていきます。

大手集団塾

中学受験をするなら、まずは大手集団塾を検討するのが良いです。

大手集団塾のメリット

➀授業カリキュラム・講師・テキストの最低限の品質保証がされている
➁生徒が多いので塾内競争(クラス分け)で鍛えられる
③過去のデータの蓄積があるので摸試等で正確な進学指導ができる。

通塾しなくても、大手集団塾主催の摸試を利用すれば③は利用できますね。

関東の大手集団塾の特徴

家庭教師や個別指導でそれぞれの生徒さんを見て校舎の様子を聞いた「そうちゃ」による寸評です。独断が入っています…

SAPIX

生徒を伸ばすというよりは通塾自体がふるい分けになっていて、ついていければ難関校に入れる塾。優秀で競争好きな子向き

四谷大塚

一番きちんとしたテキスト(予習シリーズ)があるので体系的に知識を身に着けやすい塾。真面目でコツコツ型の子向き

日能研

カリキュラムは他塾並みにタイトになったが、テキストや授業の雰囲気が柔らかい塾。おっとりのんびり型の子向き。

早稲田アカデミー

四谷と同じ「予習シリーズ」を使用。色々と工夫や試行をしている意欲的な塾。元気でパワフル型の子向き。

以上4つが首都圏の中学受験の四大塾です。

市進学院

上の四大塾に比べると進学実績やテキストは見劣りするが、校舎の雰囲気や指導力を比較してこちらの塾を選択する生徒さんもいました。

栄光ゼミナール

市進と同じような位置付けだが、こちらはアットホームで面倒見が良い校舎が多い印象。テキスト「新演習」は使いやすい。

首都圏の大手塾の特徴を詳しく知りたい人は、関連記事「関東の大手塾!SYNWの特徴は?」を見て下さい。

関西の大手集団塾の特徴

調査中です

中小規模の集団塾

大手集団塾でないとダメというわけではありません。

大手の塾と同じテキストを使ったり、YTネット(四谷大塚)など大手集団塾のグループに入っている場合は、大手塾に近い品質の授業を受けることができますし、大手塾主催の摸試を利用すれば客観的な位置を測ることもできます。

地方在住・またはスケジュールの関係で大手集団塾に通えない場合に中小の集団塾を検討するのが多いケースですが、大手塾の激しい塾内競争がイヤという生徒さんにはアットホームな雰囲気の中小塾が相性が良いかもしれません。

最低限の品質保証ができている塾を選びたいですね。

(中小の集団塾に向いている)
①地理的時間的条件で大手集団塾に通えない
②大人数や競争の激しい雰囲気が苦手なお子さん
③テキストやカリキュラムが大手集団塾に準拠している塾がベター
④大手集団塾の摸試を利用する

通信教育

大手の通信教育(Z会さん)や大手塾の通信教育(四谷さん)ならカリキュラムもしっかりしているので、通信教育でも中学受験に十分な学習をすることはできます。

大手集団塾の摸試を併用すれば、自分の客観的な位置や合格可能性も分かります。

ただ通信教育の場合、学習管理を家庭で行う必要があります。自学が出来ないお子さんの場合は、保護者がついていないといけません。

親子で勉強するとケンカに発展することもあり、大変かもしれません…

(通信教育が向いている)
①地理的時間的条件で集団塾に通えない場合
②自学自習がある程度できる生徒さん

個別指導塾

中学受験の個別指導の場合、カリキュラムは家庭から提案するか、独自に作成してもらうのが普通です。

「お子さんにあったカリキュラムを作ってもらえる」というのは長所のようにも見えますが、そう単純な話ではありません。

最終的には受験当日に間に合わせるためには、カリキュラムを守らせないといけない。

結局大手集団塾と同じようなカリキュラムについてゆくのを目標にしないといけない。

大手集団塾とダブルで通塾するのはアリ

受験を始めるのが遅く集団塾に入れない場合、個別塾に行かざるを得ないことも多い。

集団塾のカリキュラムに短期間で追いつくのは大変。授業をたくさん取らないといけない可能性が高い。授業料が高いのでお金がかかるのは覚悟。

個別指導や家庭教師の場合、講師に学力・教務力だけでなく指導力や生徒との相性が必要なので、集団塾とは違った意味の「良い先生」に当たらないと金の無駄遣いになる。

(個別指導塾が向いている)
①地理的時間的条件で集団塾に通えない場合
②受験開始(再開)時期が遅い場合
③集団塾とのダブルで利用
④良い講師にあたる幸運が必要
⑤経済力が必要

家庭教師

 

良い教師にあたる幸運と経済力が必要

転塾のパターン

タイトルとURLをコピーしました