作成中]塾内のクラス・偏差値を上げるには?

クラスを上げるのは難しい

4・5年時に塾内でクラスを上げるというのは結構難しい事です。学校よりも「粒がそろった」お子さんで競争しているからです。

ただでさえ中学受験の算数は学校の算数より難しいのに、新しい単元が次々にやってくるので「こなす」だけで精一杯になる。

さらに5年に上がる頃になってくると、以前学習した単元の続き単元・応用単元が出てきます。こうなると算数が苦手な生徒さんが成績を上げるのはますます難しくなる。

とは言っても、クラスの雰囲気や講師の良し悪し・志望校別の特訓クラスへの参加許可などで上位クラスへのアップをご希望のご家庭が多いのは当然です。

そこで、時期別に成績アップにつながる学習法を考えます。

4年時の算数学習法

正しい解答方法を確立する

4年の間は比較的余裕があります。時間と手間をかけて正しい算数の学習法を確立してあげましょう。

問題を解く際は答えだけでなく、途中の思考過程を式や図などに簡潔に表現する習慣をつけましょう。「答えができていても途中式や図が書いていないのは90点」くらいの評価がちょうどいいです。

頭の中でなんとなく考えて正解するという勉強を続けていると、そのお子さんにとって一発解答が難しい単元が出てきた時に、一気に解けなくなり苦手単元になってしまいます。

正しい学習方法を身に着けているお子さんの場合、一発解答が難しい場合でも自分の書いた途中過程をヒントに考えて解答を導いたり、最悪でも途中までを書いておけば後で復習して理解できることが多くなります。

正しい学習法を確立するのは手間もかかりますが、内容が難しくなるにつれて他の生徒より頭一つ抜き出る可能性がどんどん高くなっていきます。

復習素材を作っておく

4年の間は既習単元がさほど多くないので、復習をする時には「復習素材」を作っておきましょう。

「素材」と言っても、そんなに大げさなものではありません。

複数単元にまたがるテストの前に復習をしながら、テキストを参考に「公式」や「問題を解くときの注意点」を簡潔にまとめます。一単元につきA4サイズ1枚以内が目安です。

「数」「特殊算(文章題)」「図形」などの分野ごとにまとめておくと、同じ分野の続き単元の「予習」に威力を発揮します。

自分ではどうしても作れない、という場合はコンパクトなまとめの本を購入して付せんをはさんで日付や塾のテキストのページを書き込んでおきましょう。

遅れを取り戻す方法

休みを活用

多くの塾では休暇期間はカリキュラムがストップして予習と復習を行います。この期間を「能動的に」活用しないと遅れを取り戻せません。

優先順位は復習>予習です。理解不足の単元・苦手単元が残っている場合は、塾の講習とは別に家庭で重点的に復習して、復習素材を作っておきます。

塾の講習に参加するなら予習はそちらに任せます。

休みの活用が難しい場合

サピックスのように講習中もカリキュラムが進んだり、校舎の方針で講習中に予習をガッツリ行う場合があります。

このような場合は、休みの期間にリカバリーするのが難しいので、通常期間に弱点補強をする余裕を作っておかないといけません(大変です…)。

5年時の学習法

5年時には成績以上に学力差がついています。

基本が抜けている場合

5年時に4年内容の未定着が多い(基本が抜けている)場合はクラスアップではなく「立て直し」をいかに行うかの問題になります。

場合によっては転塾も選択肢に入れ、根本的な対策が必要になります。

基本はOKな場合

基本は身についており、クラスアップまであと一歩という場合

 

タイトルとURLをコピーしました